お客の購買意欲を高めるためにも有線放送を!

音楽を正しく使う

音符

多くの曲をお店に導入

「音楽をお店で流していたら、かなりの料金を請求された」という事態を起こしたくないのなら、著作権を管理する団体にきちんとお金を納めなければいけません。音楽には作詞家や歌手など、さまざまな方が関わっているので、その方たちを守るためには料金の支払いは仕方のないことです。しかし、団体との直接に契約するのは面倒以外の何物でもないので、有線放送を活用したほうが無難でしょう。有線放送というシステムと契約すると、たくさんのチャンネルを利用できるようになり、そこに流れている音楽を使い放題になります。契約料金(月々の料金も発生します)に利用するための権利量が含まれているため、何も気にせずお店に音楽の導入が可能です。もちろん、好きな曲だけ流すということはできませんが、驚くほど多くの曲を店内で扱えるようになるので、満足度は高いでしょう。そして、有線放送と聞くと、音楽を配信するサービスをイメージする方がほとんどのはずです。しかし、現代の有線放送では、音楽だけではなく映像を取り扱ったサービスもあります。お店の種類によっては、音楽よりも映像のほうが環境作りに適している場合もあるので、雰囲気を考えた上で契約しましょう。なお、有線放送には、家庭用も存在しているため、間違って契約しないように気をつけなければいけません。そちらはお店では使えないため、必ず内容を確認してから、業務用有線放送と契約することをおすすめします。

Copyright© 2017 お客の購買意欲を高めるためにも有線放送を! All Rights Reserved.